がん温熱治療

がんの温熱治療(ハイパーサーミア)は、がん細胞が正常な細胞より温まりやすく、熱に弱いことを利用した治療法です。花牟禮病院で設置している温熱治療の装置「サーモトロンーRF8」は世界で初めてがんの高周波ハイパーサーミア装置として正式に認められた治療装置です。この装置で治療した多くの症例があり、安全性と有効性が日本ハイパーサーミア学会でも認められています。この装置は九州地方でも設置数は非常に少ないですが、当院で利用することが可能です。

sarmia

bn_cancer

ページ上部へ戻る